意識さすらい系

アウトドア、自動車、読書、旅行、映画などについてゆるくまとめていこうと思います。
ほのぼのとしたものをイメージしているので、気軽に見ていただければと思います。

木曜日にはココアを

今回は本についての感想をまとめようと思います。

ブログ自体がはじめてですが、こつこうと続けようかなと思います。

意味のない羅列のような文が続きますがよければ閲覧ください。


今回紹介する本は   青山美智子さんの木曜日にはココアを  です。


こちらの本は、近所のブックオフにて偶然選んだものです。

最近は車で移動できるようになり、小中学生の頃、自転車で通っていたところにも簡単についてしまい、便利である、反面ついたときの達成感がないように感じます。


この本の感想については、題名の通り緩い本になっています。私自身、昔からほのぼのとした、漫画やアニメが好きでこの本も私にピッタリでした。

文量としても、1日で読むこともでき、短編集のようになっているので、気軽に読むことができます。


すべての話にどこかつながりがあり、どの話も心を暖かくしてくれます。

日々、競争や結果に追われたところからの脱出させてくれる本であると思いました。


商品リンクです。




カテゴリー 読書
ラベル 感想
コメント 0
トラックバック 0

この記事へのコメント

関連する記事

やっと読み終わった。思い返してみれば、意外と早く読み終えることができた。それほど、本の世界に取り込まれてしまったということなのだろう。 この本では題名の通り、二つの世界が同時進行していく。現実の世界と思われるものと幻想的な世界。その二つが奇妙に折り重なってゆく姿はとても興味深く感じる。 私が特に印象に残ったのは、現実の世界には愛と憎…
今回も小説の感想を書こうと思う。 最近自宅で掃除と物の整理をしていると、両親の本などがいろいろと出てきた。 古本屋に行くのも考えさせられる今日、どうせなら家にあるものから読んでみようと思う。 その第一弾として、今回紹介するのは 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド 上 作 村上春樹』 である。 私が…
最近の新型ウイルスの影響は凄まじいですね。 私もあまりに暇を持て余しているところだ。そのため、普段読めていない小説を読んでいる。これまでは、小説といっても薄いものが多く、短編集も読むことが多かった。そのため、この機会に少し長編小説に取り組んでみようと思った。 今回は沈まぬ太陽にしました。 沈まぬ太陽のアフリカ篇は少し前に読みました…
皆さんは自分の書斎や勉強部屋があるだろうか。私は実家住まいですが、勉強部屋をもらっています。自分の部屋のレイアウトというのは難しいと思う。私の部屋も理想を考えてみたことはあるが、予算や時間が取れず、なかなか理想通りにはならないものである。 しかし、自分の理想の書斎を考えることは楽しく、私もインターネットなどで書斎の写真などを見ることも…